浅田真央が復活優勝 ソチGPファイナル

腰を痛めている真央ちゃんが愛用しているエアウィーヴの詳細はこちら

WS000010.JPG
ソチで開催GPファイナルで浅田真央ちゃんが優勝しました。
とってもかわいくエレガントなすべりは本当にきれいでした。
なんだか大人の真央ちゃんを見たような気がしました。
真央ちゃんほんとうにおめでとう!


GPFソチへの現地入りは日本選手では最も遅い12月5日の深夜だったようです。
昨年、大会直前に母・匡子さんが逝去したためにこの大会は欠場していて、今回は2008年以来4シーズンぶりの出場でした。

腰痛など、いろんなアクシデントに対しても平常心で臨んだ彼女は、7日のショートプログラム(SP)の演技で見事に復活しました。

ダブルアクセルを余裕を持って降りると、回転不足が目立っていたトリプルフリップも、シンプルに回転不足にならないジャンプで次のダブルフリップにつなげ、スピンとステップはすべてレベル4と、まさに快心の演技でSP首位で折り返しました。

 しかし、フリー当日は腰の痛みが出て「滑れないかもしれない」と弱音を吐いたほど調子が悪かったそうです。「でもやるからには痛みを怖がらずに思い切って、最後までやってみよう」と決意してフリーに臨んだそうです。

 結局、技術点こそフリー2位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)に及びませんでしたが、丁寧な滑りと演技で芸術要素点は5項目すべてで他の選手を圧倒、フリーで129・84点を出し、合計196・80点という高得点で、4大会ぶりの優勝を決めました。

yahooニュースより


posted by maorio at 19:25 | Comment(0) | 真央ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。